4年代の孫と家事菜園でトマト・ナス・キュウリ・ピーマン・スイカ・メロンを育てておもう意味。

離職をしてから3歳目、2歳前から自宅菜園で野菜を出し始める。庭園の草木にも目もくれなった自分が今は庭木のアフターサービスって四季時おりの草花を植えて鑑賞するホビーを持つようになった。おまけに、2坪程度の野菜用の畑を出し、プランターを5つほど用意してそこにナス・ピーマン・ミニトマト・スイカ・メロン等の苗を植えて栽培をしている。4月初旬から準備を始め5月前半までには目的の苗を植えた。離職を通じてもちっとも本職は無縁ではなく40通年勤め人で、取締役とはいえOL家業で培ったコネを頼って電子コンポーネント関係の勧誘代行を行っている。実入りは勿論壮健の辺りは比べ物にならないが、長男アベックと同居していて経済的にも問題なく家計が出来ているのは嬉しい。4歳といった1歳の孫2他人に囲まれて、幼稚園といった保育園から帰るのが楽しみな連日で、初めての自宅菜園も連日食べている野菜がこうして出来るんだよといった、孫らに野菜が育って行く方法と実ったらそうして収穫するんだよって当人合格であるがリレーションあって爺という孫になれた人同僚として広める所作の喜びを味わっている。自分のこどもとも同居することさえ酷い世の中ではありますが、そうして孫とまで一緒におんなじ屋根の下に住み、おんなじ水を呑み、おんなじ食事をして毎朝面持をみては体調を気づかいながら暮らしている所作の魅力がある。いつまで?と言うのは普通に以上は残るもだ。自宅菜園で育て上げる野菜も、人間の家計も流転であることは間違いありません。結局、今の自分に行えることがあれば家計を共にしてある人たちや、おんなじフィールドを生活の場として共有して掛かる人たちの為に何か手伝うことがあれば労苦を一気にしたいと思っている。今年も自宅菜園のナス・ピーマン・トマト・キュウリ・スイカ・メロンは賢く育って収量が出来ている。4歳の孫も美味しそうに食べてある。ルメントシャンプーで自宅で簡単にヘッドスパができます